GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

【スポーツリカバリープログラム】名古屋オーシャンズ復興支援エキシビジョンマッチ
2014/10/06

【スポーツリカバリープログラム】名古屋オーシャンズ復興支援エキシビジョンマッチ 【スポーツリカバリープログラム】名古屋オーシャンズ復興支援エキシビジョンマッチ
   
【スポーツリカバリープログラム】名古屋オーシャンズ復興支援エキシビジョンマッチ
 
2014年10月3日(金)、4日(土)、フットサルリーグ7年連覇中の名古屋オーシャンズからの依頼で、GSAのスポーツリカバリープログラム(SRP)の一環として岩手県大船渡市で復興支援エキシビジョンマッチやクリニックを開催しました。

初日は、大船渡北小学校の3・4年生を対象にクリニックを開催しました。校庭に仮設住宅が建っているため、球技が思いきりできない子供たちは、この日をとても楽しみにしていたそうです。授業を変更し、1時間半元気いっぱいフットサルを楽しみました。

夕方には、大船渡市営体育館で地元小学生を対象にクリニックを開催。50名の子供たちとテクニックを学んだり、名古屋オーシャンズのメンバーにチャレンジゲームをしたりと盛り上がりました。

2日目は、岩手県選抜とのエキシビジョンマッチ。ハイレベルなテクニックを目の当たりにし感動のなか、12対1で名古屋オーシャンズの圧勝で終わりました。午後には、中学生以上のフットサルファンが集まり、チームに分かれ名古屋オーシャンズにチャレンジする夢のような試合が行われました。

2日間で多くの子供たちに笑顔を与え、またプロの技を目の当たりにし、多くのことを学べたのではないでしょうか。
名古屋オーシャンズのように、チームを上げて被災地で活動を行っているのは、大船渡では初めてとのことです。

GSAとして名古屋オーシャンズと協力できたことに感謝いたします。

■名古屋オーシャンズ公式サイト
 http://www.nagoyaoceans.com