GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

第31回El Tour De Tucson参加レポート
2013/12/03

第31回El Tour De Tucson参加レポート 第31回El Tour De Tucson参加レポート
   
第31回El Tour De Tucson参加レポート
 
2013年11月21日
アメリカ、アリゾナ州でGSAの古くからの友人のRichard DeBernardis主催の第31回El Tour De Tucsonが開催されました。

大会前のオープニングパーティーでは、多くのゲストを迎え、この大会によって集めれた寄付の寄贈先の団体の紹介がされました。そして東日本大震災におけるGSAの支援活動を応援のため、1200ドルの寄付を頂きました。GSA岡田副理事長が感謝の言葉と被災地での活動について報告をしました。
また10月に被災地で開催されGSAが応援&協力を行なったツールド三陸とEl Tour De Tucsonがパートナーシップイベントになることが決定しました。

<オープニングパーティー>


今回はツールド三陸で実行委員長を務められた、岩手県陸前高田の吉田正紀さんが被災地からの参加ということで地元テレビの取材を受けました。

<地元テレビ局の取材>

今大会は31年の歴史始まって以来の大雨の中、8400人が参加しました。ツーソンでこのような天候は70年ぶりと言われる中、大会は予定通りスタートしましたが途中でコースが洪水のため通行不可能になり迂回路を通るコースになったりと大変な大会となりました。日本からはエコフラッグを掲げ4人のメンバーが参加しました。

<大会当日>

午後には晴れ、この過酷なレースを耐え抜いたライダーたちが続々とゴールしてきました。しかし例年になく多くの参加者が雨と寒さのためリタイア。今年の大会はすべての者にとって忘れられない大会となったことは間違いありません。

<ゴール>