GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

イベントニュース
エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

テニスボール400万個目贈呈式:松岡修造理事の学校訪問
2011/10/24

テニスボール400万個目贈呈式:松岡修造理事の学校訪問 テニスボール400万個目贈呈式:松岡修造理事の学校訪問
   
テニスボール400万個目贈呈式:松岡修造理事の学校訪問
 
GSAによるテニスボールのリユース活動も、多くのボール提供者のご協力により提供実績を重ね、ついに400万個に達しました。
今回これを記念して、プロテニスプレイヤーでGSA理事の松岡修造氏と岡田副理事長・大窪事務局長による400万個記念贈呈式が東京都内千代田区立お茶の水小学校で行われました。

会場となった小学校講堂には全校児童(293名)が集まり、入場の際には5,6年生のマーチングバンドの演奏による温かい歓迎を受けました。
児童代表から歓迎の言葉を受けたのち、400万個目の記念テニスボールが松岡理事より、岡田副理事長からは松岡理事のサイン入り「エコフラッグ」が贈呈されました。
続いて、大窪GSA事務局長から、「エコフラッグ」の説明やスポーツを楽しむために豊かな自然が大切であることを伝えました。

松岡理事からは現役の時に、環境汚染の激しい地域でのプレー中に息が普通にできない状態になって試合を棄権したという実体験を踏まえた上で、地球環境の悪化はスポーツ活動に影響を及ぼすと訴えました。そして、「すぐにできる身近な行動について一人ひとりが出来ること、ポイ捨てをやめる、ゴミを分別する、自然を大切にするなど当たり前のことから始めてみよう。大切なことは自分の『良心』に聞いてみて正しい行動をとろう」と呼びかけました。

また、3月11日の大震災については、陸前高田市に訪問した際、被災者から「元気な者は元気で生きてほしい」と逆に励まされたエピソードを紹介されました。

引き続き、4,5,6年生による和太鼓の演奏と、全児童による校歌合唱が行われました。

最後に児童からお礼の言葉が述べられ花束贈呈のあと、参加者全員で記念写真を撮りました。

【関連記事(スポーツエコネット)】
http://www.sports-eco.net/hotnews/4m.html