GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

イベントニュース
エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

【スポーツ・リカバリー・プログラム】大船渡市立第一中学校の仮設住宅にてスポーツジャケット配布
2011/10/17

【スポーツ・リカバリー・プログラム】大船渡市立第一中学校の仮設住宅にてスポーツジャケット配布 【スポーツ・リカバリー・プログラム】大船渡市立第一中学校の仮設住宅にてスポーツジャケット配布
   
【スポーツ・リカバリー・プログラム】大船渡市立第一中学校の仮設住宅にてスポーツジャケット配布
 
10月16日(日)

株式会社ゴールドウィンから寄贈されたスポーツジャケットや防寒着などを、GSAを通じて大船渡サポートネットワークセンターでボランティアと共に大船渡市立第一中学校のグランドにある宮田仮設住宅で配布を行ないました。
宮田仮設住宅の自治会長 平山氏がチラシを作成し事前告知をしていたため、配布開始前から多くの人が集まり大盛況でした。

スポーツジャケットなどは1人1着、毛布、寝袋も一つずつを基本にし、家族分が必要な人は外に出て並びなおしてもらい公平さを保つよう心がけました。時間内に半分ほどを配り、残りは来られなかった方や、身体が不自由な方などに配って頂くよう、自治会長に託してきました。
今回配布した防寒着は品質にはばらつきがなく良い物が多かったので皆さん喜んで下さいました。
仮設住宅での活動は確実に被災された方々を対象に行なうので、直に皆さんの声や笑顔に触れることができ、大変意味深いものでした。

■協力ボランティア
支援員大沢さん、仮設住民渡辺さん、及川さん、平山さん
絆ネットワーク 福田さん、中村さん
東京から飛び入りボランティア 柴田さん
GSAテーブルサッカーアドバイザー 植野穣さん

皆様、有難うございました。

*宮田仮設住宅は、住宅設置校数120戸、住居人数209名