GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

イベントニュース
エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

【スポーツ・リカバリー・プログラム】大船渡市長からお礼状が届きました。
2011/05/10

【スポーツ・リカバリー・プログラム】大船渡市長からお礼状が届きました。
 
『スポーツ・リカバリー・プログラム』により、GSAが支援を開始した岩手県大船渡市の戸田公明市長より、お礼状が届きましたので、ご紹介いたします。 ⇒原文はコチラ(PDF)

平成23年4月28日
大船渡市長 戸田 公明

東日本大震災に伴うご支援への御礼について

 時下、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 さて、去る3月11日に発生した東日本大震災により、本市におきましても、かつて経験したことのない未曾有の被害を受け、多くの尊い市民の生命と財産が奪われました。
 このような中、全国各地からさまざまな形での支援をいただき、誠に感謝に堪えません。絶望の淵に立った市民に、生きる力と、再び立ち上がる勇気を与えていただきました。皆様の心温まるご厚情に対し、市民を代表して心から御礼申し上げます。
 あの震災から、間もなく2カ月が経とうとしておりますが、いまだに水道や電気、通信網等のライフラインが完全復旧に至っておりません。行方不明者の捜索と並行して、市内各所において、がれきの撤去が始まるなど、徐々に、復旧から復興へと歩みを進めているところでありますが、その道のりは遠く険しいものと存じております。
 しかしながら、本市は、過去において、明治三陸大津波(1896年)、昭和三陸地震津波(1933年)、チリ地震津波(1960年)など、幾多の大津波により甚大な被害を受けながらも、不撓不屈の精神で、危機を乗り越えてきました。
 今回の震災による被害は、想像を絶するほど甚大なものでありますが、皆様のご支援を励みに、1日も早い復旧・復興に向け、必ずや皆様のご支援に応えられるよう、市民一丸となって取り組んでいく決意でありますので、変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。
 結びに、皆様の今後ますますのご健勝とご活躍を心より祈念申し上げ、御礼とさせていただきます。