GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

GSAナビゲーター紹介

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

GSAケニアからの活動報告
2010/03/18

GSAケニアからの活動報告 GSAケニアからの活動報告
   
GSAケニアからの活動報告
 
GSAケニア (ケニア共和国) のキャプテンであるDr. Liz Oderas氏は、首都ナイロビにあるSadili Ovalスポーツクラブを経営しています。
2010年2月、このスポーツクラブに女子プロテニス選手のセリーナ・ウィリアムズ氏が訪問し、キベラのスラム地区で生活する子供たち約70人と交流をもちました。このスポーツクラブは会員制スポーツクラブで、ケニアのトップアスリートやケニア代表チーム等が合宿を行なうこともありますが、過去に「GSA Dream Camps」プログラムが開催された場所でもあり、会員とは別に誰でも来れて少ないお金でレッスンに参加することができたり、スラム地区の子ども達を招待し無償で様々なスポーツレッスンの体験や軽食を提供する、地域のコミュニティークラブの役割も果たしています。
GSAケニアでは、スラム地区に住む子供たちにスポーツの楽しさを教えると同時に、フェアプレーとエコプレーの大切さを学ぶ機会を多く持てるよう努めています。


セリーナ・ウィリアムズ氏がSadili Ovalを訪問】 ※外部サイトへ移動します