GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

チリ共和国のGSAチームについて (安否確認・続報)
2010/03/10

2010年2月27日(現地時間)にチリ共和国で巨大地震が発生した直後から、GSAワールドセンター(東京都渋谷区)ではチリ国内のGSAチームに関する安否確認を行なって参りました。
8チームあるうち、安否確認ができたチーム(キャプテン)は、以下の通りです。

GSA カラマ (キャプテン Jeannette Fernandez Rojas)
GSA タラパカ (キャプテン Oscar Leonel Alfaro Moraga)
GSA イキケ (キャプテン Heriberto Faundez Salgado)

なお、首都サンティアゴを活動拠点に置く「GSAサンティアゴ 1」については、キャプテンの自宅がGSAカラマ・Jeannetteキャプテンが現在留まっている地の近くということで、彼女が直接彼を訪ねて安否確認を行なうことになっております。他のキャプテンも皆元気でいるようだという報も届いてはいますが、こちらの詳細についてはまだ未確認です。
今回の地震発生後は多くの関係者の皆さまから、チリ国内のGSAチームに関するご心配のお声を頂戴致しておりますが、残る5チーム(キャプテン)の安否確認については現在も継続中であり、未だに通信網遮断地域もあるとのことですので、今後も早急かつ慎重に情報収集を行なって参ります。引き続き地震被災地への温かいご支援を、どうぞ宜しくお願い致します。