GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

エコプロダクツ2009 ブース出展のご報告
2009/12/16

エコプロダクツ2009 ブース出展のご報告 エコプロダクツ2009 ブース出展のご報告
   
エコプロダクツ2009 ブース出展のご報告
 
日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2009」が12月10日(木)〜12日(土)、東京国際展示場(東京都江東区有明)にて開催され、今回は721もの企業や団体が出展し、開催された全3日間で昨年より約1万人も多い約183,000人もの方々が来場されました。グローバル・スポーツ・アライアンス(GSA)では今年もブースを出展、三浦 雄一郎 理事長や松岡 修造 理事、GSAナビゲーターの室伏 広治 選手、宮里 藍 選手らトップアスリートによる「環境メッセージパネル」を展示し、訪れる人々に「エコフラッグ・ムーブメント」の理念とその活動内容を紹介しました。RECYCL'art (リサイクラート)作品も幾つかを展示し、中田 英寿 元選手、清原 和博 元選手らが使用したスポーツ用品を素材にリサイクルした各アート作品は、特に子供たちから人気を集め、たくさんのカメラがその姿を収めていました。
今年は昨年にも増して企業のCSRご担当者様に多く立ち寄って頂き、社会貢献活動の一つのプランとしてGSAの活動に深く関心を寄せて頂くことができました。また今回のGSAブースでは、課外授業の一環として訪れている小・中学生を対象に「エコプレー宣言」を書いて頂きました。「ゲームの時間を短くする」「水を大切にする」「電気はすぐ消す」「給食を残さない」「ポイ捨てしない」「エコバッグを持つ」等たくさんのエコプレー宣言を用紙に書いて頂き、環境への取り組みについての関心の高さを実感すると共に、多くの来場者にスポーツの場面における「フェアプレー」だけではなく、日常生活においても「フェアプレー」と地球環境にも配慮した「エコプレー」の実践を促すメッセージを発信することができました。

報告:NPO法人グローバル・スポーツ・アライアンス 企画推進室