GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

新規パートナーのご紹介 (都城盆地まつり実行委員会)
2009/07/29

このたび宮崎県都城市「盆地まつり実行委員会」が、GSAパートナーに登録して頂くことになりました。
都城盆地まつりは、市民参加型の一大イベントです。霧島連山に囲まれた盆地の豊かな自然と、そこに住む人々の文化と伝統を育み現在に残された盆地圏域の資源を後世に伝えるため開催するもので、市民総参加を基本として県境を越えた都城圏域20万人のおまつり広場として位置づけるものです。今年は8月8日(土)開催を予定。当日は都城市のメインストリート中央通りが歩行者天国となり、「安久節」と「ヤッサヤッサ」を大集団が踊る「踊る連」や、子供たちが踊る「チルド連」そして「ヤッサヤッサコンテスト」などが行なわれます。この盆地まつりが単なるイベントで終わるものではなく、日常生活に感謝し人々の交流を通して地域資源の新たなる発見が生まれることで、盆地全体が元気のある街に発展することを切に願い、また今年からはGSAとUNEPが推進する「エコフラッグ・ムーブメント」にも参加して頂きます。

第36回都城盆地まつり