GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

第4回ビーチライフinお台場でエコフラッグ(遊佐雅美さんら、ナビゲーター活動報告)
2009/05/08

第4回ビーチライフinお台場でエコフラッグ(遊佐雅美さんら、ナビゲーター活動報告) 第4回ビーチライフinお台場でエコフラッグ(遊佐雅美さんら、ナビゲーター活動報告)
エコフラッグ仕様のビーチフラッグスに挑戦する子供たち GSAナビゲーター遊佐雅美さん
第4回ビーチライフinお台場でエコフラッグ(遊佐雅美さんら、ナビゲーター活動報告)
GSAナビゲーター朝日健太郎さんのパネル
5月5日、東京都港区・お台場海浜公園おだいばビーチにて「ビーチライフinお台場」が開催されました。海辺を有効に活用する、多種目型ビーチイベントです。
ビーチバレースクールの実施やビーチフラッグス、ビーチ相撲、ビーチサンダル跳ばし、ビーチヨガなど、アスリートに直接指導を受けながら体験できるコーナーが用意され、GW期間中とあって会場には多くの家族連れが訪れました。こちらのイベントにはGSAナビゲーターのプロライフセーバー遊佐雅美さんが登場、ビーチフラッグス用のオリジナル・エコフラッグがお披露目されました。
また「ゴミをやっつけるぞ!」を合言葉に、ビーチスポーツのアスリートが先頭に立って来場者と一緒にビーチクリーンアップをする「ゴミバスター」も行われました。会場にはゴミの分別収集箱が設置され、ゴミバスター隊長であるビーチバレーボールの朝日健太郎選手が、パネルとなって「ビーチをきれいに!」とメッセージを送りました。

ちなみに同時開催された大会「ファイテンビーチバレーJBVツアー2009」でも、GSAナビゲーターの方々が大活躍。女子では、ナビゲーターの浦田聖子選手が楠原千秋選手と組み優勝。男子では、第1戦の愛知オープンに続きナビゲーターの朝日健太郎選手が、白鳥勝浩選手と組んで優勝しました。さらにこの白熱したゲームを盛り上げたのはGSAナビゲーター、スポーツDJの山本ゆうじさんでした。