GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

大分県で初めてのGSAチームが誕生 (GSA大分市)
2009/04/16

このたび大分県大分市に、GSAローカルチームが誕生しました。チーム名は「GSA大分市」、キャプテンは藤原 司さんです。以下、今回のチーム設立にあたり、藤原キャプテンからコメントを頂きましたので、ご紹介致します。

大分市は4つのプロスポーツチームを抱える、スポーツが盛んな地域です。内、サッカーJリーグの「大分トリニータ」とバスケットボール・bjリーグの「大分ヒートデビルズ」の2チームは、既にエコフラッグ・ムーブメント活動に参加していますが、今後はその他のプロスポーツチームを中心に、ネットワークを広げていきたいと思います。
「GSA大分市」では、まずは各試合会場にエコフラッグを掲揚することから、活動をスタートします。また、ごみ拾い世界一のギネスレコード(※)をもつ地域でもありますので、行政、スポーツチーム、GSA大分市が三位一体となってエコプレーの推進にがんばります。

GSA大分市 キャプテン 藤原 司

※2005年8月7日、大分市において146,679人という最も多くのボランティアが、一日にひとつの地域でのごみ拾いに取り組みました。