GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

世界水質モニターデープロジェクト (GSAキューバからの報告)
2009/03/19

世界水質モニターデープロジェクト (GSAキューバからの報告) 世界水質モニターデープロジェクト (GSAキューバからの報告)
   
世界水質モニターデープロジェクト (GSAキューバからの報告)
 
キューバ共和国のピナール・デル・リオにおけるGSAキューバの活動は今や日常となり、スポーツイベントだけではなく、学校や野外活動、文化活動においても、エコフラッグが掲げられています。チームキャプテンのLic. Fernando E. Valladares Fuente氏は、家族全員でフェアプレーとエコプレー、エコライフを推進しています。奥さんのDra. Alyagna Alonso Herreraさんは、職場でもGSAの活動を紹介しています。
先日、教員である彼女は自分の生徒らと共に、国際機関から支給された道具を使って「World Water Monitoring Day」(世界水質モニターデー・WWMD)の実験を行ないました。この実験では、近くを流れるガレアーノ川のpH値や濁度、酸素量、温度その他の数値を測定し、その結果から水質を判断、さらには周辺の動植物の分布などを調査して地域の当局へ報告しました。
人間が生活する地域では、水質汚濁が徐々に進み、その汚染が人間にも悪影響を及ぼします。GSAキューバでは、人間によるこのような環境破壊を食い止めるための対策を講じています。