GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

米国スポーツ芝管理者協会と協同推進で合意(GSA-USA事務局)
2009/03/19

米国スポーツ芝管理者協会と協同推進で合意(GSA-USA事務局)
 
このたび、グローバル・スポーツ・アライアンス・リージョナルセンターGSA-USA事務局Sports Turf Managers Association(スポーツ芝管理者協会・STMA)は、協同でスポーツ愛好家に環境活動を推進していくことで合意しました。STMAは、米国スポーツ界におけるプロの管理者の協会です。協会メンバーは、全米の大学、公園、レクリエーション施設などのスタッフら約2,500名が名を連ねています。
GSA-USA事務局とSTMAは、共に活動を始める上で、“エコな”スポーツイベントを実施するためのガイドラインを発行することとなりました。このガイドラインは、GSA-USA事務局代表のJane Poynter氏と、GSAニューヨーク・チームキャプテンでありSTMAのメンバーでもあるKevin Trotta氏の共著で、GSA-USA事務局のエコフラッグ活動が紹介されています。このガイドラインは「エコプレー」の概念に基づいて、環境に優しいイベントのヒントが記載されています。また、STMAのサイトから、スポーツ界での世界中の環境活動がデータベース化されているG-ForSEへのリンクも貼られています。
今回のGSAとSTMAの合意により、世界各地でスポーツ界における環境リーダーを育成していくための一歩が踏み出されました。