GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

滋賀県初のGSAチームが誕生しました(GSA琵琶湖・長浜)
2008/12/18

滋賀県初のGSAチームが誕生しました(GSA琵琶湖・長浜)
 
滋賀県では初めての、GSAローカルチームが設立されました。チーム名は「GSA琵琶湖・長浜」、キャプテンは、森岡 政人さんです。GSAパートナーである「日本を泳ごう委員会」西日本MCを担当され、地元の長浜水泳協会では理事長として活躍されています。森岡キャプテンから、チーム設立にあたってのメッセージが届いておりますので、ここにご紹介致します。

***************************************************************
「日本を泳ごう委員会」では、泳ぐことで優しくなれるというスローガンで、
エコフラッグを掲げております。
このたび「GSA琵琶湖・長浜」を設立させていただいたのは、
「日本を泳ごう委員会」で感じたことを是非、
私の住んでいます琵琶湖周辺でも広げたいということで、立ち上げを希望しました。
平成20年9月20日には「水と環境のシンポジウム」を開催し、
岡田GSA常任理事を講師としてお迎えさせていただきました。
また、21日には「第3回琵琶湖オープンウォータースイムレース」を開催し、
実際に泳ぐことで、琵琶湖を参加者が考える機会とさせていていただきました。
今後の活動としまして、琵琶湖オープンウォータースイムレースや琵琶湖での
トライアスロン水泳大会等を軸に「エコフラッグ・ムーブメント」を
推進したいと考えています。

GSA琵琶湖・長浜
キャプテン
森岡 政人
***************************************************************

【関係サイト】
「第3琵琶湖オープンウォータースイムレース」ブログ
http://anscom-biwako.cocolog-nifty.com/blog/

「日本を泳ごう委員会」西日本MCのブログ
http://anscom.cocolog-nifty.com/blog/