GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

日本生涯スポーツ学会第10回大会で、GSA岡田常任理事が基調講演 (ご報告)
2008/11/26

日本生涯スポーツ学会第10回大会で、GSA岡田常任理事が基調講演 (ご報告) 日本生涯スポーツ学会第10回大会で、GSA岡田常任理事が基調講演 (ご報告)
   
2008年10月18日から19日の2日間に渡って開催された「日本生涯スポーツ学会第10回大会」。沖縄県名護市にある名桜大学で行なわれたこの大会で、GSA岡田常任理事が「これからの地球環境と生涯スポーツ」というテーマで基調講演を行ないました。今回で10回目を迎える日本生涯スポーツ学会大会では、「長寿と生涯スポーツの関係」という命題から『長寿県沖縄と生涯スポーツ』という大会テーマが設定されています。スポーツの本質を追及すべく、幅広い分野からのシンポジストが登壇し、これからの社会における生涯スポーツのあり方を考える良い機会となりました。
岡田常任理事は「現代の人間の経済活動は、目先の利益を追うあまり環境保護の意識と行動が背反している」と述べ、これからの地球環境を作るのは私たち自身であり、一人ひとりが意識を持って行動に移すことが重要であると訴えました。さらに、スポーツにおける“スポーツマンシップ精神”に着目し、その一環として「『フェアプレー精神で経済の健全化』と『チームプレー精神で社会の強化』、さらには『エコプレー精神で自然循環の再生』を高めて行動することで、循環型の社会づくりを目指すことが可能となる」と、スポーツ・体育に関わる関係者に向けてエコプレーヤーになるよう働きかけました。

【日本生涯スポーツ学会第10回大会 プログラム】
テーマ:長寿県沖縄と生涯スポーツ
主催: 日本生涯スポーツ学会
共催: 名桜大学
運営: 日本生涯スポーツ学会第10回大会組織委員会
後援: 財団法人日本体育協会財団法人日本レクリエーション協会財団法人日本スポーツクラブ協会財団法人笹川スポーツ財団財団法人日本体育施設協会財団法人沖縄県体育協会名護市教育委員会沖縄県教育委員会(順不同)