GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

GSAナビゲーター紹介

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

不要となったスポーツ用品を回収致します(10月24日「国連デー」イベント)
2008/10/07

不要となったスポーツ用品を回収致します(10月24日「国連デー」イベント) 不要となったスポーツ用品を回収致します(10月24日「国連デー」イベント)
   
「国連デー」は、1945年10月24日に国連憲章が発効したことを記念して設けられた国連の記念日です。東京・渋谷区にある国連大学では、この10月24日「国連デー」に、毎年多彩なイベントを開催しています。
2008年の国連デーは「気候変動〜私たちにできること〜」(英文タイトル:"Climate Change: What We Can Do")がテーマ。ひとりでも多くの方々に気候変動について、また国連が取り組む気候変動への活動について知って頂くことを目指して開催されます。国際会議場内での基調講演プログラム等の他、屋外では子供から大人まで全ての年齢層を対象とした参加型のイベントが用意されています。
今年は国連大学の敷地内、国際会議場前庭の屋外に設けられる「パートナー・ブース」に、グローバル・スポーツ・アライアンスもブース出展を予定。当日は活動紹介パネル展示の他、スポーツ用品の回収などを行ないます。集められたスポーツ用品は、JICA「世界の笑顔のために」プログラムを通じ、海外でスポーツをする機会を得ない子どもたちに送られます。なお、一部お預かりできないスポーツ用品がございますので、当日お持ち頂く場合はこちらをまずはご確認・ご参考の上でお越しくださいますよう、宜しくお願い致します。
10月24日、たくさんの皆さまのお越しをお待ちしております。



【国連デー】
http://www.unu.edu/jp/unday/ 
※国連機関紹介や衣類を回収するブースの他、基調講演プログラムやパネルディスカッションの開催、子供たちが楽しめる「プレイ・ゾーン」実施イベントなども行われます。すべてのイベントは、無料。国際会議場内でのプログラム参加のみ、オンラインにて事前の登録が必要です。