GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

「GSA山陰海岸」が誕生です!
2008/04/17

新ローカルチーム「GSA山陰海岸」が誕生しました。
キャプテンの西脇一行さん(GSA兵庫副キャプテン)は、山陰海岸・兵庫県浜坂県民サンビーチを拠点に地球環境スポーツ・ビーチサッカーを中心としたビーチスポーツの普及活動及び自然環境保全・環境教育を推進する「山陰ビーチサッカーネットワーク(SBSN)」の事務局を担当されています。JAPANビーチサッカーネットワーク代表であるGSA九州・沖縄キャプテンの伊藤氏の支援・協力のもと、啓発活動を推進中です。


西脇さんから、チーム設立にあたってのメッセージが届きました。
-------------------------------------------------------
現在、山陰海岸国立公園を有する関係府県市町が協力して、「山陰海岸ジオパーク推進協議会(事務局:兵庫県新温泉町)」を設立し、ユネスコの地球科学部門が推進している「ジオパーク」認定を受け、山陰海岸に存在する地質的・文化的資源を地域住民、行政、民間企業が連携・協働し、特徴的・魅力的なジオツーリズムを構築して、環境保全及び環境教育の推進と地域経済の活性化を図ろうとする取り組みが展開されています。
「ジオパーク」とは、世界遺産の保護を推進しているユネスコが支援するプロジェクトであり、科学的価値を有し、美しい地質遺産を含む一種の自然公園で、地質遺産の保全と教育への活用、ジオツーリズムの推進を目的にしたものです。
GSA山陰海岸は、このジオパーク認定推進に向け協力していくとともに、山陰ビーチサッカーネットワークを中心として、地域行事や青少年健全育成事業、そして関係するあらゆるスポーツシーンにエコフラッグを掲げて、「エコプレーとフェアプレー」の実践を推進していきます。よろしくお願い申し上げます。
『まずは、My箸、MYバック、エコブース等、一人一人できることから始めよう!』


【関連リンク】

山陰ビーチサッカーネットワーク
http://www.geocities.jp/sanin_bsn/

山陰海岸ジオパーク推進協議会
http://www.town.shinonsen.hyogo.jp/page/58a03f24908730894752b31bd57544b3.html



■現在、世界31ヶ国で94チームが活動中!