GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

GSAナビゲーター紹介

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

全但高等学校バレーボール選手権大会の開会式で「エコプレーヤー宣言」
2008/05/09

全但高等学校バレーボール選手権大会の開会式で「エコプレーヤー宣言」 全但高等学校バレーボール選手権大会の開会式で「エコプレーヤー宣言」
   
平成20年度より「兵庫県高体連但馬支部バレーボール部」主催で行われる大会やイベント
で、正式にエコフラッグが掲げられることになりました。

4月29日(祝)に開催された「第29回全但高等学校バレーボール選手権大会」の
開会式の中で、男子会場では浜坂高校男子バレー部キャプテン「西村 力くん」、
女子会場では浜坂高校女子バレー部 キャプテン「伊藤英恵さん」により
「エコプレーヤー宣言」がなされ、選手・スタッフ一同の『エコフラッグ・ムーブメント』に対する意思統一が図られました。


-----------------------------------------------------------------------

『エコプレーヤー宣言』

今年から、但馬で開催される高等学校バレーボール大会の会場で
『エコフラッグ』を掲げることになりました。
ルールを守り、公正に振舞う「フェアプレー」の精神がありますが、
それに加えて、自然を守り、省エネ・省資源を心がける「エコプレー」を実践することが、
真のスポーツマンシップです。

「エコフラッグ」は、「フェアプレー」と「エコプレー」のシンボルフラッグとして
様々な大会やイベントで掲げられ、
「みんなの意識に木を植えよう!」を合言葉に、
地球環境保全に対する普及活動が行われています。


1999年に日本から始まったこの活動は、
数多くのプロスポーツ選手や有名人も賛同していて、
今では、日本だけにとどまることなく世界30カ国以上にまで広がっています。

現在、世界中で地球温暖化が深刻な問題となっています。
また、今年の夏に開催される北京オリンピックでは、大気汚染の問題が深刻化していて、
出場する選手の中には、健康に害を及ぼす危険性があるため
出場を辞退する選手もいるようです。
このような状況の中で、今、私たちが身近に出来ることは何かを一人ひとりが考え、
スポーツをする時だけではなく普段の生活の中でも環境に配慮した行動を心がければ、
世の中はきっと変わっていくはずです。


私たちはスポーツマンシップの一環として、
「フェアプレー」と「エコプレー」を実践することを宣言します。



浜坂高等学校男子バレーボール部
キャプテン  西 村  力

浜坂高等学校女子バレーボール部
キャプテン  伊 藤 英 恵


-----------------------------------------------------------------------


【ecoflag.com GSA兵庫からのレポート】
http://www.ecoflag.com/entry/school/school_d.html