GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

GSA USA事務局、アクション開始
2008/04/28

GSA USA事務局、アクション開始
 
2008年2月23日、米国アリゾナ州ツーソン市のPerimeter Bicycling
Association of America(GSAパートナー)のオフィスで、GSA USAオープンフォーラムが開催されました。

このフォーラムは、昨年米国で設立された、非営利団体としての活動を正式に開始することを記念して開催され、GSA日本事務局の岡田達雄常任理事をはじめとし、GSA USA事務局役員、地元のスポーツイベント団体やアスリート、さらには環境問題に取り組む方々が出席しました。フォーラムでは、今後の活動予定や目標を定め、理事長の選出が行われました。

岡田常任理事は、これからGSA USAとして活動を行っていく上で、@GSAの活動理念、A「エコフラッグ・ムーブメント」、そして、Bスポーツマンとしてかかせない「エアプレー」と「エコプレー」の実践を10億人のスポーツ愛好家へ呼びかける、という3点について、GSAワールドセンターとの共通の理解を求めました。

また、GSA USAの第1回理事会も開催され、Jane Poynter氏が理事長に選任されました。Poynter氏は2年間「バイオスフィア2(*)」で過ごし、著書「The
Human Experiment: Two Years and Twenty Minutes Inside Biosphere 2」を出版しました。彼女は、環境向けのテクノロジーを開発する「Paragon Space Develpment Corporation」の社長であり、持続可能な開発のコンサルタルタントでもあります。また、かつて世界銀行では、地球気候変動の改善と干ばつ被害を受けたアフリカや中央アメリカなどでの作物栽培などを受け持っており、メディアでも活躍しています。

GSA USAの最初の取り組みとして、ウェブサイトの開設を予定しています。そして、4月19日にツーソン市で開催さたアースデイのイベントで、GSAの紹介をしました。さらに4月27日には、El Tour de Tucson Mountaintsのイベントでブースを出展しました。今後は、5月初旬にはラジオ番組に出演する予定です。

【理事会出席者リスト】
・Jane Poynter:理事長
・Elizabetta Ambrosia:理事長代理
・Betty Barton:役員
・Richard J. DeBernardis:役員
・Rich Pierson:役員
・Kevin Sherlock:法定監査人
・Paul Brooker:GSAフェニックス事務局長
・Elaine Mariolle:Perimeter Journal編集者
・Kate Holder:「2006年富士山ツアー」参加者
・Alex Iturreria:U of Aインターン生
・岡田達雄:GSAワールドセンター常任理事

(*バイオスフィア2:米国アリゾナ州に建設された、生態系を人工的につくり出した空間。人類が宇宙空間で生活するための様々な検証が行われている施設。)