GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

JICA「世界の笑顔のために」世界各国からお礼状が届きました!
2008/01/25

GSAがスポーツエコネット事業の一環としてご提供頂いている中古のスポーツ用品の一部は、独立行政法人 国際協力機構(JICA)「世界の笑顔のために」プログラムを通じて、世界各地へ届けられました。現地で働いているJICAスタッフからGSAへ、ご提供頂きました皆様に対するお礼と感謝のご報告が届いておりますので、ここでその一部をご紹介致します。

◆タイ王国のチェンマイ・ガウィラアヌクーン知的障害児学校では、2007年に上海にて行なわれたスペシャルオリンピックス夏季大会に向けて練習していた子供たちに、テニスラケットが寄贈されました。目をキラキラさせて喜ぶ喜ぶ子供たちとともに、テニスの指導にあたっている先生も、用具のメンテナンスについてきちんと考えるようになりました。
◆ニジェール共和国の国民(ニジェール人)にとって、テニスはあまり馴染みのないスポーツ。しかしテレビなどで見たことのある、憧れのスポーツでもあります。ボールひとつあればどこでもできるサッカーに比べれば、テニスは経済的ではありませんが、今回のテニスラケット提供をきっかけにして、生涯スポーツとしての選択肢のひとつとして普及することを願い、2007年12月にテニスクラブが発足しました。ラジオやチラシなどを通じてたくさんの会員申し込みがあり、現在7名の生徒を第一期生として育てています。フランス文化センターの協力により、バスケットコートを週二回二時間無償で利用させてもらうという、まさに手作りのテニスコート。ニジェールでは、教育や自己向上のために投資することは容易ではありませんので、用具の補修やクラブ運営の資金確保が懸念されますが、生徒たちに「楽しい」「うまくなりたい」といった意欲を持続させ、自己研鑚に励むことに価値を見出すことができるようになれば、意識は必ず変わっていくものと考えています。

このほかタイ王国のタークろう学校、ケニア共和国やコロンビア共和国、ブータン王国、マラウイ共和国などから続々と御礼状が寄せられております。中古スポーツ用品をご提供くださいました皆様、ありがとうございました。


【関連サイト】
スポーツエコネット
http://www.sports-eco.net/

JICA「世界の笑顔のために」プログラム
http://www.jica.go.jp/partner/smile/index.html