GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

GPN/IGPNセミナー・パネルディスカッション 岡田常任理事出演のご報告
2007/12/20

GPN/IGPN主催セミナー『グリーン購入で温暖化防止』~北海道洞爺湖サミットに向けて~が、エコプロダクツ2007最終日である12月15日(土)、東京ビックサイト6階会議室にて行われました。
当日は約200名程の聴講者を集め、IGPN会長である東京大学教授・山本 良一氏の挨拶から始まったこのセミナーは、元環境大臣の小池 百合子氏による約1時間の基調講演があり、後半からパネルディスカッション『一人ひとりの行動が地球を救う』を開催。ここにGSA常任理事の岡田 達雄が、パネラーとして参加致しました。
パネラーでは他に武蔵工業大学教授(GPN会長)中原 秀樹氏、仙台市環境局次長の木須 八重子氏、イオン?グループ環境・社会貢献担当の上山 静一氏、環境省 総合環境政策局 環境経済課 課長補佐の原田 和幸氏らが参加、そして首都大学東京教授の奥 真美氏がコーディネーターを務められ、60分弱という短い時間ながらも、非常に内容の濃いセミナーとなりました。

「GPN500万人グリーン購入一斉活動の成果と今後」を副題とし、特にレジ袋削減の普及とその成果報告を中心としたセミナーになりましたが、岡田常任理事はその中で、GSA活動紹介と共に「エコプレー」の理念---普段の生活の中で豊かな自然を守り、省エネ・省資源を心がけることの重要性を言及、そして自分が住む地域のことを、まずは最初に考え行動するよう提案。最終的にはその小さな行動ひとつひとつが、『地球』温暖化の防止に繋がっていくのだと語りました。

【関連リンク】
GPN (グリーン購入ネットワーク)
http://www.gpn.jp/
IGPN (国際グリーン購入ネットワーク)
http://www.igpn.org/