GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

体育とスポーツの会議(GSAキューバ)
2007/05/10

PDFファイル

2007年4月10日から14日まで、キューバ・Pinar del Rio市のスポーツ大学「Nancy Uranga Romagoza」で「体育とスポーツの会議」が開催されました。この会議に、GSA副事務局長のJason Chareが招待され、スポーツと環境の関係について、また世界中で「エコフラッグ・ムーブメント」を推進するGSAの役割について、基調講演を行いました。
講演はGSAキューバ・キャプテンのFernando Valladares Fuente氏のスペイン語通訳で進められました。その後質疑応答があり、GSAの紹介パンフレットを配布しました。
4日間にわたる会議の中では、環境ワークショップも企画されており、GSAスタッフも参加しました。このワークショップでは、環境問題への対応や持続可能な開発に焦点をあてており、参加者がグループに分かれて議論しました。
その他にも、Pinar del Rio州のlos Organos山脈の一部で、約132平方キロメートルにもわたるVinales谷にも行きました。ここは伝統的な農園地域で、その景観が認められて1999年11月より、UNESCOの世界遺産に登録されています。
GSAキューバ・キャプテンのSuarez氏ともGSAキューバの今後の活動についてじっくり話し合い、改めてSuarez氏の環境意識の高さと「エコフラッグ・ムーブメント」推進に向けた活動意欲を再認識しました。