GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

GSA Pacific Forum in Hawaii開催報告
2007/02/01

2006年、GSA日本事務局に次ぐNGO団体、GSA USA(事務局)が米国・アリゾナ州のツーソン市で設立されました。これを記念して、GSAホノルルのキャプテン・工藤一希さんのご協力の下、日頃GSAを支えてくださっている法人の会員対象にハワイでイベントを開催しました。
GSA USAは、アメリカ国内でのチーム・プレーヤーを取りまとめる組織として、今後はGSA日本事務局と連携をとりながら、独立した機関として活動していきます。
1月12日に開催した「GSAチャリティ・パーティー」には、GSAナビゲーターの森祇晶さん、鵜浦真紗子さん、法人サポーターのグローバルインシュアランス?、?セイア、(医)内田会をはじめ、地元ハワイの有識者の方々やマスコミ関係者約70名が参加しました。パーティーの最初に、岡田達雄常任理事が参加者にGSAの過去の実績として「スポーツサミット2005」の映像を交えながら「エコフラッグ・ムーブメント」の広がりについて説明しました。その後、GSAハワイのPochereva氏(ハワイヨットレーシング協会)より、GSAハワイとしてのエコフラッグ活動を紹介していただきました。
このパーティーでは、GSA理事の日野皓正さん、GSAナビゲーターの森祇晶さん、内藤雄士さん、石黒賢さんから寄せられたアイテムや丸山茂樹さん、宮里藍さんのご協力によるリサイクラートなどのオークションを行い、参加者のみなさまより、多くのご寄付をいただきました。ここで集められたご寄付は、GSA USAのこれからの活動と、GSA日本事務局での「エコフラッグ・ムーブメント」推進のために活用させていただきます。
また、15日にはゴルフプロデューサーの戸張捷さんをお招きし、ゴルフを中心としたスポーツ選手としての姿勢、社会的責任、教育問題など、スポーツ選手が担う役割についてのお話をしていただきました。
GSAも2006年で7周年をむかえ、アメリカに事務局が設立されるまでに成長しました。今後は、GSAヨーロッパやGSAアフリカなど、世界の主要地域で事務局となる機関が誕生し、「エコフラッグ・ムーブメント」がさらに浸透していくことを期待しています。