GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

GSAツーソンとGSA草津の交流。第24回"El Tour de Tucson"
2006/11/24

[第24回"El Tour de Tucson"]
アメリカの自転車団体"Perimeter Bicycling Association of America(PBAA)"(GSAツーソン)が主催する自転車レース"El Tour de Tucson"に、GSA草津を中心とする日本のGSA関係者が参加。今年からエコ
フラッグに参加しているミヤタスバル・レーシングチームから柿沼章さんが参加され、シーズンを終えたばかりではありましたが、見事7位(109マイル、4時間16分29秒)でゴールしました。
柿沼さんをはじめ、日本からの参加者も無事に完走を果たすことが出来ました。
今年で24回目となるこの大会は、毎年約7000人が参加する全米でも最大規模の自転車レース。アリゾナ州ツーソン市を一周する、全長109マイル(約174km)のレースをメインに、参加者の体力、スキルに応じて短い距離のコースも用意されています。
また、GSA岡田常任理事も現地を訪れ、それぞれのスタート地点で参加者にメッセージを送りました。
--------------------------------------------
[ツーソン市と草津町との提携]
第24回"El Tour de Tucson"を記念して、前々日に行なわれたディナーパーティに草津町の中澤敬町長が招かれ、スピーチを行ないました。
町長の訪問は、ツーソンと草津にあるそれぞれのGSAチームの働きかけによって、今回、正式に"El
Tour de Tucson"と「ツールド草津」が提携レースになったことを受けて実現したものです。
PBAAを母体として誕生したGSAツーソン同様に、GSA草津も、現地で11年間行われている自転車レース「ツールド草津」の実行委員会を母体として誕生したGSAチームで、自転車を通じてお互いの交流が続いていました。
中澤町長はスピーチで、スライドを使って草津町を紹介し、来年開催される12回目のツールド草津への参加を呼びかけました。
今回の訪問で中澤町長はBob Walkupツーソン市長を表敬訪問し、自転車などのスポーツをを通じた健康と、環境問題への取り組みについて、両者で連携を取ることをめざした"Global Alliance for Wellness"を設立することに合意しました。
【関連ニュース】
GSA草津、誕生 http://www.gsa.or.jp/jp/news/g060803.html
昨年の"El Tour de Tucson" http://www.gsa.or.jp/jp/news/g051119.html