GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

岡田常任理事が2つの小学校を訪問
2006/10/27

●港区立三光小学校(東京都)
10/24(火)に港区立三光小学校で行なわれた「地球環境講座」で、GSA岡田達雄常任理事が講師を務めました。(写真)
3年生~6年生までの約120名が参加し、岡田常任理事は「トップアスリートと考える地球環境問題」というテーマで子供たちに語りかけました。
今回の講座に先駆けて、同校でトップアスリートによる環境メッセージ&写真集「Vital Messages(バイタルメッセージ)」のパネル展示を21日から実施。当日は、岡田常任理事からスライドでそれぞれのメッセージの紹介と解説を行い、「トップアスリートも環境のことを考えている。みんなも、まずは身の周りのことからはじめてみませんか?」と語りかけました。

●町田市立つくし野小学校(東京都)
10/16(月)岡田常任理事は町田市立つくし野小学校を訪れ、エコフラッグを寄贈しました。全校朝礼の時間をお借りして、エコフラッグの説明を行なった後、同校の田村校長先生に旗を手渡しました。
同校は以前からGSAの活動(不要になったスポーツ用品の回収、教室騒音緩和のための中古テニスボールのリユーズ)に協力をいただいておりました。
10/31(火)からは「Vital Messages」パネルの展示も校内で実施されます。