GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

岡田常任理事が深浦町の小学校を訪問(GSA夕陽海岸)
2006/10/18

10/11(水)12(木)、岡田常任理事が青森県深浦町を訪問し、11日に深浦町立岩崎小学校を、12日は町立深浦小学校をそれぞれ訪ね、子供たちにメッセージを送りました。
岡田常任理事の今回の訪問は、地元で活動しているGSAチーム「GSA夕陽海岸」が企画したもの。GSA夕陽海岸のメンバーが深浦町教育委員会の職員でもあることから、2校の訪問が実現しました。
11日は、西崎教育長(GSA正会員)によるご案内で岩崎小学校を訪れた岡田理事は、4年生以上の児童を対象とした公開授業を実施。
「何が空気をきれいにするか知っていますか?」というテーマで、「今の環境問題は、光合成の仕組みなど、みんなが学校で習った知識をきちんと生かしていなかったことが原因。大人になっても忘れずに、社会の中で生かして欲しい」と語りかけました。
終了後、児童代表の榎本優太君からお礼の挨拶があり、全員で集合写真を撮りました。(写真)
翌日は深浦小学校で行なわれた、校内駅伝大会を視察。
開会式の際に、校長先生からエコフラッグの紹介と岡田理事の紹介が行なわれました。
なお、当日の詳細と写真を、21(土)以降に、エコフラッグWEBサイトでご紹介する予定です。