GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

GSAたじまによるビーチクリーンアップ活動
2006/08/19

4人制ビーチバレー大会とビーチサッカー、マリンスポーツ体験が楽しめるイベント「び~ち ふぇすた 2006 いん しんおんせん」が兵庫県新温泉町で開催され、開会式後に全員で会場となった浜坂県民サンビーチをクリーンアップしました。
「日本の白砂青松100選」にも選ばれているほど、優れた環境に恵まれているこの海岸ですが、関係者によると数年前の台風で流木が大量に流れ込んできたことがあるとのこと。その影響が今でも残っているとのことでした。
集められたゴミは大会スタッフにより分別され、町が回収しました。
関係者によると、この大会は、成人式のゲストとして同町を訪れた朝日健太郎さん(GSAナビゲーター、ビーチバレーボール選手)がきっかけとなって誕生したイベントとのこと。
より多くの方々にビーチバレーの楽しさを知って欲しいと願う朝日さんの想いを受けて、今回の大会が企画されたとのことでした。
バレーボール選手の青山繁さん、南克幸さん、足立和弘さん、浅倉勇さん、ビーチバレーボール選手・監督の高尾和行さんがゲストとして参加し、エキシビションやビーチバレー教室などを通じて、バレーボールの楽しさを多くの来場者に伝えていました。