GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

『磯ノ浦エコ&サーフ』 第15回磯ノ浦ビーチクリーン活動
2006/08/12

毎年恒例のビーチクリーンアップ活動が、8/6(日)8:30amより、1500人の参加者により行なわれました。
国内最大規模を誇るこのビーチクリーン活動は、和歌山で唯一の天然の砂が残る海水浴場(サーフィン場)を、サーファーたち自らがきれいにしていこうという趣旨で始められたもの。全てのサーファーが海から上がり、袋を片手に海岸に落ちているゴミや流木、海草を拾い集めました。
ビーチクリーンの後はプロサーファー北川成美さんによるサーフィンスクールを実施。ボランティアとして参加していただいた北川さんにより、1時間にわたるレッスンが行なわれました。
磯ノ浦エコ&サーフは今後、プロ・アマによるトーナメント大会が予定されています。
和歌山県サーフィン連盟(GSA和歌山、梅本利樹キャプテン)では以前から、地元行政と綿密に連携を取っており、サーフィンを愛する仲間の考えを代弁しつつ、行政の考えを彼らに伝える橋渡しを行なっています。

【関連ニュース】
磯ノ浦エコ&サーフ2006開催 参加者募集(GSA和歌山)
http://www.gsa.or.jp/jp/news/g060720_2.html