GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

GSA草津が誕生!
2006/08/03

草津温泉で有名な群馬県草津町で、新しいGSAチーム「GSA草津」が誕生しました。国内では20番目、世界では43番目のGSAチームとなります。キャプテンには岩井修一さんが就任されました。
地元出身の萩原賢一さん(有限会社賢企画、GSA法人サポーター)を通じて、草津町で行なわれたイベントでエコフラッグを活用していただいたのがきっかけとなり、GSAと同町との交流が始まりました。
同町とGSAとの交流事例としては、例えば昨年開催された「ツールド草津」ではGSAナビゲーターで、ツールドフランスで3度の優勝経験を誇るグレッグ・レモン氏が選手として参加したことが挙げられます。
また、アメリカ・アリゾナ州に本拠を置くGSAツーソンは、Perimeter Bicycling Association of America(PBAA)という自転車団体を母体としており、そもそもグレッグ・レモン氏をGSAに紹介してくれたのは彼らだったことから、すでに萩原さんを含む数名の有志がツーソン市を訪れ、PBAAが主催した自転車レースにも参加するなど、草津町とGSAツーソンとの間にも密接な交流がありました。
GSA草津は今後、自転車レースという共通項のあるGSAツーソンとさらなる友好関係を結べるよう調整を図っていく方針です。
また、ツールド草津をはじめ、地元で行なわれる様々なスポーツイベントでエコフラッグの掲揚を計画しています。