GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

【お知らせ】磯ノ浦エコ&サーフ2006開催 参加者募集(GSA和歌山)
2006/07/20

和歌山県サーフィン連盟(GSA和歌山、代表:梅本利樹)では、この夏、和歌山県磯ノ浦海岸で「磯ノ浦エコ&サーフ2006」と題したサーフィンとビーチクリーンアップイベントを実施します。
まず8/6(日)8:00より、数千人規模で実施するビーチクリーンアップ活動が行なわれます。GSA事務局からもスタッフが参加し、活動説明を行なう予定です。併せて、日本プロサーフィン協会によるサーフィンスクールとサマーフェスティバルが行なわれます。近隣にお住まいの方はぜひビーチクリーンにご参加ください。
8/13(日)には、第2回磯ノ浦オープンサーフィン選手権大会が行なわれ、プロ・アマ部門、アマチュア部門でそれぞれ争われ、上位進出者は9月から10月に行なわれる「和歌山ビッグウエーブチャレンジ」への出場権が獲得できます。
和歌山県サーフィン連盟は、「スポーツサーフィンの振興普及」「海への恩恵」をテーマに活動している団体で、サーフィンの団体としては全国で初めて都道府県の体育協会に加盟し、スポーツとしてのサーフィンの地位向上にも力を注いでいます。また「自然のままの海岸の存続と地元への感謝」として、日本に残された数少ない自然の海岸である磯ノ浦海岸の環境美化活動を長年にわたって実施しています。

詳細は、和歌山県サーフィン連盟のWEB、もしくは下記のチラシ(PDF)をご覧ください。
和歌山県サーフィン連盟 http://wsa.e-wakayama.net/
磯ノ浦エコ&サーフ2006 チラシ http://wsa.e-wakayama.net/pdf/pan2_a4.pdf (3.8MB)