GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

GSAナビゲーター紹介

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

GSA熊本 誕生!
2006/05/13

世界32番目、国内で11番目のチームとして「GSA熊本」が5/12(金)に発足しました。
キャプテンは地元でイベントプロデュース会社に勤務する宮本一英さん(GSA個人正会員)。副キャプテンには宮本さんと以前から親交のある田平博幸さんと、2003年以来チームでエコフラッグ・ムーブメントに参加しているFCエスペランサ熊本代表の光永誠司さんが就任しました。
「GSA熊本」の設立のきっかけとなったのは、5/12(金)に行なわれた「GSA熊本交流会」の開催です。
岡田達雄GSA常任理事が世界女性スポーツ会議(5/11(木)~14(日)に参加することを受けて、宮本さんが企画。当日は15名が熊本市内のレストランに集まり、岡田常任理事から約30分間のプレゼンテーションの後、食事をしながら交流を行ないました。
来週、熊本県芦北町で「御立岬ビーチサッカーフェスティバル」が開催されるので、このイベントがGSA熊本として最初のイベントになります。

(写真は、昨日の熊本交流会での集合写真)