GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

GSAナビゲーター紹介

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

ビーチサッカー日本代表発表 エコフラッグメンバーも選出
2006/04/15

5月にUAEで行なわれる、FIFAビーチサッカーワールドカップアジア予選に出場する日本代表候補選手が、4/13(木)、日本サッカー協会より発表され、沖縄のソーマプライアや、熊本のFCエスペランサ熊本、チーム・ディバイオなど、以前からエコフラッグに参加しているチームからも多数の選手が選出されました。
4/14~16まで宮古島前浜ビーチで合宿。その後、日本代表選手12名が発表されます。
GSAでは2002年から、JAPANビーチサッカーネットワーク(JBSN)とパートナーシップを結び、全国のビーチサッカー大会での環境活動をサポートとエコフラッグの普及に取り組んでいます。
JBSN事務局長で、GSA九州・沖縄キャプテンを務める伊藤寛之さんのコメントです。「胸に日の丸と心にエコフラグを掲げた選手たちが、ドバイ(UAE)で活躍してきます。ワールドカップの予選へのご声援、よろしくお願いします。」