GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

マドリード自治州から表彰を受ける(GSAスペイン)
2006/03/03

年間を通じて様々なスポーツイベントで環境キャンペーンに取り組んできたGSAスペインが、この度、マドリード自治州から「セブンスター・スポーツ・アワード」を授与されました。
2005年1月に誕生して以来、カヤック、カヌーポロ、モータークロス、フェンシング、バドミントン、オリエンテーリングなど、様々なスポーツイベントで環境メッセージを伝え、ゴミの分別化やリサイクル活動、公共交通機関の利用を呼びかけてきました。
GSAスペインのクリスティーナ・プラダさんによると、このアワードはマドリードで最も栄誉あるものの1つとのこと。
GSAスペインは昨年、エコフラッグの普及を目的とした北極点までの冒険チームを結成し、エコフラッグを初めて北極点で掲げることにも成功。独自の製造方法によるエコフラッグを現地で生産し、様々なスポーツイベントにエコフラッグの普及を図っています。
キャプテンのホセ・ホアン・デ・レオンさんは、マドリードに本拠を置くカヤック協会の会長を務めていますが、自身の協会の枠を超えて、スペイン各地でエコフラッグ・ムーブメントの普及に貢献しています。

※ 写真は「愛・地球博スポーツサミット2005」で来日した際のホセ・ホアンさん