GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

GSAナビゲーター紹介

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

ギリシャバレーボール連盟とのパートナーシップ
2004/12/09

ヨーロッパを訪問中の岡田常任理事は、ギリシャバレーボール連盟からの招待を受け、アテネ市内の同本部を訪問。
国際バレーボール連盟(FIVB)が来年も引き続き、ビーチバレーボール世界選手権ツアーでビーチクリーンキャンペーンに取り組むことを受け、ギリシャバレーボール連盟もその動きに同調し、今回GSAと正式にパートナーシップを組む事が決定しました。
岡田常任理事が調印した"Memorandum of Collaboration"によると、今後GSAはエコフラッグの提供や環境キャンペーンに関するアドバイスを行ない、ギリシャバレーボール連盟ではそれらを使って、国内のビーチバレーボール大会すべてで活動を進めていきます。
来年は手はじめに、エコフラッグを掲げ、FIVBと同じ"Keep the Beach Clean - Think environment!"をスローガンとして、会場アナウンスやパンレットなどで呼びかけていくこととなりました。
過去にGSAは、ビーチバレーボール世界選手権の会場でもあるギリシャ・ロードス市と同様のパートナーシップを結んでおり、今回のギリシャバレーボール連盟との正式な調印によって、ギリシャにおける「エコフラッグ・ムーブメント」がより活性化されることが期待されます。
【関連ニュース】
国際バレーボール連盟(FIVB)とのパートナーシップを継続!
http://www.gsa.or.jp/jp/news/g041209_3.html