GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

国際バレーボール連盟(FIVB)とのパートナーシップを継続!
2004/12/09

国際バレーボール連盟(FIVB)本部で行なわれたビーチバレーボール世界選手権ツアーの2004年次総会で、2005年も引き続き「ビーチクリーンキャンペーン」の継続が可決されました。
会議に参加したGSA岡田常任理事は、各国バレーボール協会関係者を前に、GSAが過去2年間、FIVBと共同で行なってきたキャンペーンの有効性を報告し、各国での取り組みとキャンペーンへの協力を要請し、承認を得られました。
同ツアーでは、2003年からエコフラッグの掲揚を含めた環境キャンペーンに取り組んでおり、オリジナルのスローガン"Keep the beach clean - Think environmet"を設け、場内アナウンスやパンフレットでの呼びかけ、選手がリーダーシップを取り観客を巻き込んだビーチクリーンアップ活動を実施しています。
2003年11月に、GSAと国連環境計画(UNEP)の共催で行われた「G-ForSE2003」では、FIVBの活動に対して「G-ForSEプライズ特別賞・高円宮殿下記念賞」が授与されています。
また今回の年次総会では、モナコのアルバート王子がビーチバレーボールの名誉会長として就任されたことも明らかにされました。
【関連URL】
国際バレーボール連盟(FIVB) http://www.fivb.org/