GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

El Tour de Tucson(GSAツーソンより)
2004/11/27

11/20(土)、アメリカ・アリゾナ州のツーソン市で、恒例の自転車ロードレース「El Tour de Tucson」が開催されました。
190名でスタートした第1回から22年の時を経て、3500人以上の参加者が全長111マイル(約177km)のレースに挑みました。また、参加選手の体力・技能に応じて、短い距離のレースも設けられており、それらを合計するとなんと7000名以上の参加者となり、これはアメリカでも最大規模の自転車イベントです。
レースに先駆けて3日間、「El Tour Bike, Fitness & Health EXPO」がツーソン市コンベンションセンターで開催され、健康をテーマとした公開カンファレンスやイベント関係団体・企業によるブースセッションが行われました。
GSAも、東京・ツーソン・フェニックスのスタッフがエコフラッグブースを設置し、エコフラッグステッカーを無料で配布するとともに、GSAが進めるエコフラッグ・ムーブメントへの理解と参加を呼びかけました。
なお現在、ツーソンを拠点として、アメリカのNPO法に基づくアメリカでのGSAの法人格取得を進めています。申請が認められ次第、「GSA USA」として、GSA東京同様の機能を備えた事務局が誕生することとなります。