GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

'04マリン・ビーチスポーツの祭典 in WAKAYAMA
2004/08/20

8/28(土)29(日)の二日間にわたって、和歌山県片男波海水浴場で「'04マリン・ビーチスポーツの祭典 in WAKAYAMA」が開催されます。
このイベントは、今年4月に東京お台場で行われた「ビーチスポーツ in ODAIBA」の和歌山版とも言える大会で、さまざまなマリンスポーツ、ビーチスポーツを一つの会場で全て体験することができる画期的な取組みです。
会場ではビーチバレー和歌山オープンが開催され、GSAナビゲーターの西村晃一、朝日健太郎、佐伯美香、浦田聖子選手をはじめ、アテネ五輪女子ビーチバレー代表の徳野・楠原組など、日本のトッププロが勢ぞろい。
他にも水上オートバイ世界チャンピオンの藤澤正雄選手によるデモンストレーションや、ビーチサッカー大会などが開催されます。
参加プロによる指導のもと、一般来場者も気軽にマリンスポーツ、ビーチスポーツを体験できるコーナーもあり、ビーチフラッグではGSAナビゲーターの遊佐雅美さんも参加します。その他、ハンググライダーやパラグライダーの体験コーナー、シーカヤックやプレジャーボートの展示・見学会が実施されます。
また地元漁業関係者に協力により、地引き網の体験や夜店での海産物販売などを実施。三味線コンサートやジャズライブも行われます。
今回の大会は全国初の「里浜づくり事業」として、多様で豊かな「海辺と人のつながり」を現在の暮らしにかなう形で蘇らせることをめざしています。
夏の海水浴以外ではなかなか利用されることの少ないビーチを、1年中親しめるように、「環境」「観光」「健康」という3つのKをキーワードに、マリン・ビーチスポーツの定着をはじめ、観光客の誘致や地域の活性化、地元漁業関係者や住民との共存共栄、環境意識の高揚をめざします。
会場では随時、選手と観客、大会関係者者によるビーチ清掃や海上清掃が行われます。
日時:8/28(土)9:00~21:00 8/29(日)9:00~16:30 入場無料
場所:片男波海水浴場(和歌山市和歌浦南3-1740 Tel:073-447-9080)
主催:'04マリン・ビーチスポーツの祭典 in WAKAYAMA 実行委員会
お問い合わせ:和歌山県庁 管理整備課 Tel:073-441-3163