GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

もう一つのGSA Dream Camps サッカーキャンプの模様
2004/08/18

8/10(火)から13(木)までの4日間にかけて、ケニア・ナイロビのラガタ地区で「LAGATA YOUTH SOCCER CAMP」が開催され、アフリカ最大のスラム街であるケニア・ナイロビのキベラ地区の青少年600人が招待されました。
この活動は、現在GSAスタッフがテニスコーチとして参加している「Safari Junior Tennis Camps」のサッカー版で、「GSA Dream Camps(Nature & Sport Training Camps)」の一環です。普段スポーツをする機会に恵まれていない子どもたちに、一流コーチによるスポーツレッスンのプレゼントと、地球環境に関する一般的な教育と次世代のリーダー育成を目指したプログラムです。
今回のキャンプでは、サッカーレッスンの講師をケニアナショナルチーム関係者が務めてくれたこともあり、4日間のスケジュールは非常に内容の濃いものとなりました。プログラム初日の10(火)にはキベラ地区のクリーンアップを実施し、「Safari Junior Tennis Camps」に参加している青少年も合流しました。
プログラムに先駆けて8/9(月)に行われた記者会見では、ライラ・オディンガ道路公共事業大臣やカハリニ観光副大臣、国連環境計画のエリック・ファルト広報ディレクターとセオドア・オーベン青少年&スポーツ担当主幹が出席。ファルト氏やオーベン氏が「エコフラッグ・ムーブメント」の意義とGSAとの関係について説明し、お二人からオディンガ氏にエコフラッグがプレゼントされました。
現地最新レポートは、こちらのサイトでご覧下さい。
大津日記 http://blog.goo.ne.jp/otsugsa/