GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

GSA九州より ~ 大分トリニータトリニータ・オフィシャルクラブショップでRECYCL'art作品展示中!
2004/08/17

株式会社イグフィコーポレーションが企画・プロデュースしているRECYCL'artが九州に初上陸!
GSA九州・沖縄ではイグフィコーポレーションとのコラボレーションにより、大分トリニータの協力のもと、2つのRECYCL'art作品を誕生させることに成功しました。
今回誕生した作品は、大分トリニータ・オフィシャルクラブショップ内で、Jリーグセカンドステージ開幕日の8/14(土)から展示されています。
今回、RECYCL'artの素材として、トリニータ所属でアテネ五輪サッカー日本代表でも活躍中の高松大樹選手のユニフォームが提供され、大分出身のアーティスト安部公房さんがアート作品に変身させました。
この作品は「Stand up No.13」と名付けられ、安部さんによると「高松選手にピッチを縦横無尽に駆け巡って欲しい」という願いを表現したとのことです。
また安部さんは、トリニータサポーターから提供されたシューズを利用して「Soul Sole」という作品を製作。サポーターの熱い魂(Soul)と、靴の底(Sole)を掛け合わせ、名付けたとのことです。
大分トリニータでは今年春から、「日本一の人と地球にやさしい」スタジアムとスポーツ環境づくりをめざした「エコウエーブ」プロジェクトをスタートさせており、今回のRECYCL'art製作もその一環です。
作品は当分の間、同ショップにて展示される予定です。
また同ショップをはじめ、大分トリニータのホームスタジアム「ビッグアイ」ではRECYCL'art作品製作のための不用スポーツ用品回収ボックスが設置されており、こちらも引き続き募集を行います。
【関連URL】
大分トリニータ http://www.oita-trinita.co.jp/
大分トリニータ オフィシャルクラブショップ http://www.oita-trinita.co.jp/officialshop.html
株式会社イグフィコーポレーション http://www.igfy.net/
2004RECYCL'artプランは、シティグループ・プライベートバンクにサポートされています。