GSA(NPO法人Global Sports Alliance)はスポーツを通して環境に取り組む団体で、スポーツマンシップの一環として「エコプレー」の実践を呼びかけているスポーツ愛好家の世界的ネットワークです。

GSAナビゲーター紹介

エコフラッグ・ムーブメントをサポートする他の活動
スポーツ用品の3R活動:スポーツエコネット
2016年5月16日更新
スポーツと環境の世界フォーラム:G-ForSE
2016年6月2日更新
『スポーツ・リカバリー・プログラム』(SRP)は、GSAネットワークを通じて被災者の心のケアを目的とするプログラムです。
GSAウェブスポンサー
株式会社イグフィコーポレーション
インターネット募金
くびきの里コシヒカリ募金
NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!新しいボランティアのカタチ|gooddo(グッドゥ)
BOOK募金
Yahoo!ボランティア
メールマガジン
スポーツと環境に関する意識調査- SURVEY 2011結果報告
ニュース

愛知万博で「スポーツサミット2005」を開催します
2004/07/22

【スポーツサミット2005】
GSAは、来年3月に開幕する愛知万博に合わせて、来年7月、愛知万博・長久手会場で、博覧会協会と国連環境計画(UNEP)、中日新聞社との共催で「愛・地球博 スポーツサミット2005」を、開催することとなりました。
このサミットは「スポーツによる持続可能な社会づくり」をテーマに、UNEPなどの国際機関をはじめ、国内外のスポーツ団体、選手、スポーツ関連企業などのスポーツ関係者が参加して行われるものです。
サミットでは、未来世代も安心してスポーツが楽しめる地球環境保全とその配慮を呼びかける「スポーツと環境」宣言(仮称)を発表します。
また、万博会場内で不用スポーツ用品を素材としたアート作品「RECYCL'art」を展示し、スポーツ用品の再利用を通じた“目に見える"環境メッセージとして、来場者に呼びかけます。
—————————————————————————————————
【スポーツ&アートガーデン2004】
なお7/20、21には、プレイベントとして「スポーツ&アートガーデン2004」(共催:中日新聞社、中部日本放送)が開催されました。
松井稼頭央さん(野球)や伊達公子さん(テニス)、小野伸ニさん(サッカー)などから提供された不用スポーツ用品を素材としたアート作品が会場に飾られ、また、子どもたちがRECYCL'art製作を体験できるワークショップの実施、地元の芸術大学生によるRECYCL'art作品製作のデモンストレーションが行われました。これらの作品は、来年の愛知万博会場での展示が予定されています。
GSAからは岡田達雄常任理事とプロオーシャンアスリートの荒木汰久治さん(GSAナビゲーター)が会場入り。「スポーツと環境フォーラム」と題したトークイベントでは、荒木さんが行った沖縄の伝統漁船「サバニ」による沖縄から宮崎までの冒険航海のエピソードや、普段の競技を通じて感じる環境問題について言及しました。
(写真)
なお、「スポーツ&アートガーデン2004」については後日改めて報告します。
【補足】
RECYCL'art(リサイクラート)は、Recycle(リサイクル)とArt(アート)を組み合わせた造語で、株式会社イグフィコーポレーションによる企画・プロデュースです。 http://www.igfy.net/
【関連サイト】
2005年日本国際博覧会協会 http://www.expo2005.or.jp/
中日新聞社 http://www.chunichi.co.jp/
中部日本放送 http://hicbc.com/
サバニ帆漕航海2004 http://sabani.at.webry.info/